建築工法の基礎知識〜木造在来工法、ツーバイフォー工法

木造一戸建てを購入するなら、建築工法も知っておいて損はありません。
そこで、ここでは、木造一戸建ての建築工法の中で、最もよく利用されている木造在来工法とツーバイフォー工法について説明しています。

■木造在来工法とは?

木材を組んで、木造一戸建てを建てる工法を、「木造在来工法」といいます。一般的に、家を建てるといえば、木造在来工法を想像することと思います。
さて、木造在来工法ですが、どのような特徴があるのでしょうか。
それは、木材を組んでいくので、接着剤などの化学物質の利用は少なくて、また機密性もないので、シックハウスの心配が少ないこと、設計の自由度が高いことがあります。ただ、木造在来工法で家を作るには技術が必要なので、技術格差が出やすいので、注意が必要です。

■ツーバイフォー工法とは?

木材の「パネル」を組み合わせて、家を作っていく工法を、「ツーバイフォー工法」といいます。
さて、ツーバイフォー工法ですが、どのような特徴があるのでしょうか。
それは、パネルを組み合わせていくだけなので、技術は関係なく、同一の品質の家が建ちやすいことがあります。また、比較的、地震や火災に強いことなどがあります。しかし、既存のパネルで組み立てていくだけなので、建築に自由がなく、気密性が高いため、結露や、シックハウスの対策が必要です。

■お役立ちサイト
新築、中古、マンション、一戸建ての物件検索ができるサイト
不動産投資で役立つサイト
賃貸物件を探している人に役立つサイト
不動産の売却査定を考えている人に役立つサイト
リフォームを考えている人に役立つサイト
ウィークリーマンション、マンスリーマンション


「選択!新築・中古・一戸建て・マンション!」のトップページ

このページにあった記事は、以下に移転しました。
お気に入りに入れていただいている場合は、お手数ですが、以下にご変更をお願いします。
新アドレス:http://www.fudous.com/hmhb/w11.htm
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO